「ラストダンスは私に」カードデザイン決定稿公開 最終回!

皆様こんにちは。

投稿者のsurarin99です。


今回で今まで紹介してきました、カードデザイン決定稿を全て公開する事になります。

残す未公開カードは4種類で、残り全てご紹介します!


ではさっそくこちらから

「壁の花」カードです。

そもそも皆様は”壁の花”という言葉をご存知でしょうか?


壁の花:

パーティーや舞踏会などの会場で、壁際に立っている女性のことを意味する表現。


このカードはゲーム中に1枚しかない最強格のカードです。

きっと人気投票すれば効果も容姿も含めて上位になることでしょう(笑)


では続いてこちら

「司祭」カードです。

交換効果を持つカードからの防御系のカードです。

身を護るという事から「司祭」に相応しく徳が高い感じがしてますね!

「姫」や「王子」を持っている場合は盗られないように身を護る、

逆に盗る為のカードを持っていかれたくないという護りも戦法として万能に使えます。

意味もなく使っても、それにより相手から「・・・あれ?もしかして王子を持っている??」と疑惑を抱かせるというプレイも面白いかもしれませんね(笑)


さぁどんどんいきましょう。続きましてはこちら

「玉子」カードです。

「玉子」カードです。(大事な事なので二ry・・・

このカードでは勝利できない事を除き、「王子」カードと同じ効果を持ちます。

6人以上の時でないとこのカードは登場しませんが、

登場するとかなりインパクトが出てきます。

このゲームのカードデザインで唯一、顔のデザイン付きの超特別キャラです(笑)

やったぁ、「王子」カード・・・えぇ!?ってなると思います!


さて、これで最後になります。最後のカードはこちら!

「革命家」カードです。

こちらは7人以上のプレイ時のみ登場するカードになり、

先程紹介しました「玉子」カードと、「王子」カードを持つプレイヤーは、

全員の前でカードを交換する効果も持ち、力強い威厳のあるキャラです。

「玉子」も持っている場合、「王子」カードにチェンジするので、

嬉しい反面、周りのプレイヤーからはどちらかを持っている事がバレてしまいます。

「王子の執事」とは違った探索系のカードですね!



さぁ、みなさまいかがでしたでしょうか?

合計14キャラを紹介させていただきました。

お気に入りのキャラクターはいましたでしょうか?


ゲームマーケットまで残り1ヶ月を切りました。

我々青春工房白百合一同も、このゲームを出展するのを非常に楽しみにしています。


今後もゲームマーケットに向けて、ルールの説明や実際のプレイの様子等、

情報を公開していく予定です。

こちらもぜひお楽しみにしていて下さい。


それでは。

青春工房白百合

ボードゲーム自主制作サークル:青春工房白百合です。 ゲームマーケット2018秋にて処女作「ラストダンスは私に」を頒布しました。

0コメント

  • 1000 / 1000